電気が足りないから再稼働するのではない。関電が明言

2012/07/12 投稿 2012/07/13 追記  2012/07/14 追記 2012/07/19 追記 2012/08/03 追記

いやー、こんな番組で「電気が足りないから再稼働するのではない。」と関電が明言していたんですね。にもかかわらず、大飯原発は再稼働され、火力発電所が停止された。いったい、安全の議論とか、電力が足りない議論ってなんだったんでしょうか。関電は、節電を3%(昨年の東京で18%節電)しか見込んでいないそうですから、大飯原発を再稼働した今と成っては、節電など必要ないのでしょう。

電気が足りないから再稼働するのではない。関電が明言
http://www.youtube.com/watch?v=mXoeCl5zW9c&feature=youtu.be

なお、原子力ムラは、この投稿動画にやらせコメント投稿をしていますので、ご注意ください。核心をつく投稿なのでいやなのでしょうね、さすがに。

(追記 2012/07/13)
「関西電力が火力発電8基を停止させたのは、原発再稼働により電力に余りがあるためだった」 原発再稼働しなくても電力は足りていることの裏付けがここにも報じられています。

火電停止は電力余剰だった! 関電京都支店広報が明かす
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2012/07/13/post_8889.php
(引用)
 関西電力が火力発電8基を停止させたのは、原発再稼働により電力に余りがあるためだった─こんな事実が11日、関電京都支店の総務・広報グループの担当者の発言で明らかになりました。同日、京都自治労連(池田豊委員長)が行った関電京都支店への要請で関電側が回答しました。自治労連側が火力発電の停止について問いただしたのに対し、電力需要に合わせて停止したもので、原発再稼働を受けて停止したものもあると発言しました。関電は大飯原発3号機が9日にフル稼働し、同日に火力発電所8基を停止させていました。同社は、原発の再稼働以降も計画停電の可能性があるとして、府民に節電を呼びかけています。
(引用終)
(追記終)


(追記2012/07/14)
いい加減な廃炉費用の見積もり、積み立てをしているから、長く運転しないと廃炉費用が捻出できない。原発の資産が大きく、廃炉にすると資産が大幅に資産が減少する。特に問題が大きいのは、老朽化原発を多数抱えて、原発異存率が大きい関電は、原発を動かさない限り、経営的な問題に直面しているという解説です。ですが、単なる経営的な問題(お金で解決可能)よりも、国民の健康、命を軽視しているのは、とても容認できません。海外に14兆円もの資金提供を行うくらいなら、関電の支援(とりあえず1兆円くらい?)をすればいいのです。できる話でしょう。それを政府までがグルになって、国民を騙し(電力不足と嘘をついた。だから本当に電力が足りないと立証できない。実際電力は不足しない)。大飯原発を再稼働させたのです。なんという裏切り、なんという無能。

なぜ電力会社は原発再稼働したがるのか 原発再稼働問題は経済問題
http://www.nhk.or.jp/r-asa/businesswm07/2b3.asx

ますます、電気料金を不払いしようと決意した(すでに不払い中)。そこで気になるのが、不払いを続けると電気を止められています事。どこまで不払いしようかと思っていたところ、こんなサイトがあった。

原発をなくそう、不払いしよう電気代 〜電気代不払いプロジェクト〜
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/
(引用)
「電気代不払い宣言」
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20120217/
原発で作った電気はいらない。
不透明な値上げはんたい
その意思表示のために、電気代を不払いしよう。
家にいても、ひとりでもできるデモ―抗議アクション
もしあなたが、自動引き落としで払っているのなら、
それは原発推進に白紙委任状を出しているのと同じ。
「自動引き落としをやめる」ことが最初の一歩になる。
(引用終)

またよくある質問のコーナーには、以下のように説明されている。
Q. 不払いすると電気、止められませんか?
A. 東京電力は、検針日に請求書を発行し、その30日目を支払い期日としています。支払い期日をさらに20日経過しても支払いがない場合、5日前までに予告の上、電気を停めるそうです。つまり、東電は契約上、検針日から50日で、送電を止める権利があると主張しています。
 実際、2カ月から3カ月払わないと、止められます。このプロジェクトは、不払いを通して「電力会社に対して原発反対の意思表示する」ことを目的にしています。電気を使わないことを目的としているわけではありませんので、ある程度の期間不払いしたあと、ギリギリになって支払うのがもっともおすすめです。
1.自動引き落としをやめ、コンビニなどでの振替用紙払いに切り替える 電気の領収書に書いてある番号に電話し、「原発への抗議のために振替用紙払いにします」と言えば、すぐ変更できます。→(電力会社)入金時期が不安定化する。
2.催促通知が来る。電気を来られる前に払う あるいは家に来る集金人に、直接意見を言いながら払う。→(電力会社)売掛金が滞留する。督促コストが増える。
3.原発でできた分の電気代の支払いを拒否する。 郵便局のATMで一部だけ支払う。→(電力会社)再請求のため、督促コストがさらに増える。
(引用終)

この記事も参考にしてください。うちに来たのは郵便局の振り込み用紙ではなかったのでこの方法は使えませんでした。

【東電不払い方法教えます】 ATMで1円少なく振り込む
http://tanakaryusaku.jp/2012/05/0004224

電気料金を払わないと集金人が脚立を持って電気を止めに来る
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/04/19/11003/
(追記終)

(追記 2012/07/19)
関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012071890094758.html
(引用)
2012年7月18日 09時49分
 政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。政府は夏場の電力不足を理由に強引に大飯原発の再稼働に踏み切ったが、節電効果など需要の見通しの甘さが浮き彫りになった。関電は5月にまとめた試算で、原発ゼロのままなら7月前半は8・2%の供給力不足が生じるとし、再稼働の必要性を強調した。政府は大飯の再稼働を決めた上で、関電管内に猛暑だった2010年夏比で15%の節電を求め、3号機のフル稼働後も節電目標を10%に設定している。政府は2日に節電要請を開始。関電の資料などによると、16日までの2週間の最大需要は10年同時期と比べて平均で12%低下。最大需要の2301万キロワットを記録した瞬間は供給力を344万キロワット下回り、大飯3号機の118万キロワットを差し引いても余裕があった。需給が最も逼迫(ひっぱく)した時間帯でもさらに209万キロワットの供給が可能だった。一方、関電に平均36万キロワットを融通している中部電力も2週間の最大需要は2139万キロワットで、供給力を9%下回った。中電管内の節電目標は当初は5%で、現在、4%に設定されているが、安定した供給体制を確保している。関電広報室の担当者は「雨や曇りの日が多く供給が安定したが、今後は気温が平年より高くなるとの予報がある。大飯原発4号機が稼働しても需給の見通しは厳しい」とコメント。中電広報部の担当者も「火力発電所のトラブルリスクなどがあり、電力供給は厳しい」と話した。千葉商科大の三橋規宏名誉教授(環境経済学)は「政府や電力会社が、原発を再稼働させるため、電力需要を恣意(しい)的に過大に見積もった結果だ。今後、猛暑になっても電力は足りると思うが、脱原発の機運を高めるため、引き続き企業と家庭で節電の努力が必要」と話した。(中日新聞)
(引用終)
(追記終)

(追記2012/08/03)
原発の必要性を考える
http://whoomoi.seesaa.net/article/198222062.html
(抜粋引用)
、原子力発電は、事故・故障・点検などで運転を一時止めることが頻繁にあるので、運転停止中でも送電できるように、原発を建設するときにはその容量に見合うだけの火力発電所を同時に建設するようになっています。しかも、火力発電の発電量は、原発の発電量の三倍以上になるように保たれているそうです。
(引用終)

つまり、政府は、電力が不足する事はないことを承知で、計画停電だの、産業への影響(特に関西)を言い出したわけです。確信犯ですね。火力発電所の点検とか、改修、老朽化などで一時的に使えなくなることはあるでしょうが、ある程度の時間と費用をかければ(通常、半年とか1年あれば十分でしょう)、原発なしでも電力が不足することはないわけです。
(追記終)

プロフィール

室生端人 muroutahito

Author:室生端人 muroutahito
ようこそ!

Google 検索

Google

WWW検索

ブログ内検索

カテゴリ
最新記事
最新コメント
新着+関連
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

*メールフォーム